Event is FINISHED

【他社留学オンライン勉強会】今、研究開発部門に「越境」が必要な理由 〜研究開発トップと考える越境からのイノベーション〜

Description

研究開発部門こそ、越境する時代がやってきた?!

エッセンス㈱他社留学事業部が提供する「他社留学」は企業に勤める方が、他社へ留学することによって様々なことを学び新しい価値の創出を促す、新しいスタイルの研修プログラムです。他社留学チームでは昨年より、このような「越境学習」について、このテーマに関心をお持ちの企業の方とともに月1回の勉強会を開催してまいりました。

今回は、大手企業にて、いわゆる研究開発部門、イノベーション開発部門と言われる組織の現役トップと、元々そのような組織を率いており、現在は独立されそのような組織のメンターとして活躍されている方をお招きし、これからの研究開発部門の在り方や、先進的な組織が試みている取り組み、また、オープンイノベーションの必要性が叫ばれる中、とかくタコツボに入りがちと言われる研究職に、「越境学習」は効用があるのか?等々を実際の取り組みを元にざっくばらんにお話いただきます。

今回も基軸は「越境学習」。ゲストや参加者とぜひ当日のイベントをとおして繋がっていってください。


【ゲスト①】
上田 宏幸 氏
カゴメ株式会社 執行役員 イノベーション本部長(研究機能)2018~
2003~2009年のイタリアでの合弁PJにて事業立ち上げ(工場建設)の日方責任者として赴任。事業失敗を経験して帰国。
事業開発室、経営企画室を経て2015年より「研究部門の変革」に模索中。趣味はテニスと落語。



【ゲスト②】

瀬川 秀樹 氏
クリエイブル代表
大企業や文科省/経産省プログラム等の新規事業のメンター(個人業)。 元株式会社リコーにて新規事業開発センター副所長や未来技術総合研究センター長を歴任。シリコンバレーでのCVC立ち上げやインド農村部での活動など新しいことを既存枠を越えてやってきた。(今は個人業なので越境する境そのものがない) 。4コマ漫画作家でもある。



【ファシリテーター】
他社留学事業 木下紫乃
(㈱ヒキダシ)

【日時】
2020年7月17日(金)17:00〜18:00
zoomにて開催します。
※お申し込みいただいた方には、ご登録いただいたメールアドレス宛に
2日前頃までにURLなどアクセス情報をお送りします。

【当日の流れ(予定)】
・ゲストご紹介
・ゲストトーク
<テーマ(予定> 
 ①お二人が考える現在の「研究開発部門」の課題
 ②上田さんよりカゴメの研究開発部門として取り組んでいる挑戦
 ③瀬川さんよりリコー時代取り組んだ挑戦。そして今、組織から出て見えること、挑戦していること
 ④研究開発部門にとっての「越境」とは

・参加者からのQA

【こんな方にオススメ】
●大企業で研究開発職や新規事業開発に携わっている方
●上記の方の人材育成に携わっている方や管理職の方
●越境学習に興味がある方


お問い合わせ:エッセンス㈱ 担当 岸
http://nanasan.essence.ne.jp/contact
Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#632699 2020-06-22 03:22:43
Fri Jul 17, 2020
5:00 PM - 6:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Online event
Tickets
参加チケット(無料) FULL
Organizer
越境による組織活性を支援する「他社留学」
181 Followers
Attendees
54

[PR] Recommended information